Sivan the grotesque

グロテスクなシヴァンの生存競争

エヴァンゲリオンのヤシマ作戦から見る語学学習

ヤシマ作戦である!

普段、ジムで筋トレをしている時にはトーク系動画を聞いている。
しかし、今日は何の弾みでかエヴァンゲリオンのBGMをyoutubeで垂れ流しながら運動をしていた。

第六話「決戦、第3新東京市」にて、第5使徒ラミエルを撃破するべく、特務機関NERV葛城ミサト作戦部長が立てた作戦。敵は長大な射程圏内に入った外敵を自動で狙撃する高威力の加粒子砲を持ち、エヴァによるA.T.フィールド中和による接近戦は不可能であることから、エヴァによるポジトロン・ライフルでの高エネルギーを一点集中させた長距離射撃で使徒のコアを狙撃する作戦を立てた。
作戦名の由来は、源平合戦の「屋島の戦い」において那須与一が海上の馬上から扇を矢で射抜いたエピソードから、新劇場版では日本の古称「八州(ヤシマ)」から名付けられた。狙撃地点が二子山であることから別名「二子山決戦」とも呼ばれる。
狙撃担当は碇シンジが搭乗する初号機。防御・サポート担当は綾波レイが搭乗する零号機。
本作戦はポジトロン・ライフルが使用する大量のエネルギーが必要なため、日本全国から電力が集められた。そのため、一時的に日本全国を停電状態とさせるほどの大規模な作戦となった。使徒の周辺を除いた街の明かりがすべて消えるシーンが非常に印象的である。
また、それまで終始無表情だった綾波レイが初めてシンジに笑いかける屈指の名シーンが作戦終了後観ることができる。
ニコニコ大百科より引用

ヤシマ作戦から漂うプログレ臭。

俺はエヴァンゲリオンを観たことがないのだけれど、この音楽は耳にしたことがあった。
どこかで聞いたことがある、程度に思っていたんだけど、何かが引っかかった。
イントロのリズムは4/4+2/8の5拍子。5拍目で転回がありそうなところを寸止めすることで緊張感が演出されている。
4小節5拍から入ってくる管楽器は溜まった緊張感を一気に開放して、5小節目からは三連符を小気味良く刻み始める。
かと思ったら、このトリプレットも4拍目までは単調だけど、5拍目はバスと合わせて三連符中抜きになっていて、高まったストレスがここで更に抜ける。
ヤシマ作戦のテーマを聞いた時の高揚感は、この相反するふたつの効果の重ね合わせの技だろうと思う。
メロディはどうでもいい。コードに関する知識が薄いから話せないだけです。無念感しかない。

語学とのつながり

軽く書く。
おおざっぱに言ってヨーロッパ言語は聴覚言語であり、リズムが重要。
日本語話者が軽視しがちな音節と音の強弱を意識することで学習効率は上がる。
そして、リズムへの解像度を上げるためには音楽を聞くのが効果的である。
特に変拍子を多用したプログレやジャズはもってこいだ。一部の民族音楽も良いかもしれない。
それらの音楽ジャンルにハードルを感じる人には、ヤシマ作戦がおすすめである。
この曲には語学学習に必要なエッセンスが詰まっている。

ちなみに、Decisive Battleがヤシマ作戦のテーマのタイトルらしい。
ダンッ、ダンッ、ダンッ、ダンッ、ダンダン!

茂木健一郎による小中学校教師向けの講演をまとめた

今週頭から要約能力をあげるために対談、講演まとめ作業を始めた。昨日までに有料動画を3本まとめた。有料ゆえ公開はできないので、今日はYouTubeで見つけたものをまとめたので晒してみる。

 

1. 挨拶

2. 移動中、講演場所である市について考えた

  1. 子供が科学教育を身につければ工業の多い市に定着して住むことが可能

  2. 世界を変えるベンチャー企業が誕生する可能性

3. 今回の市での科学教育変革は先端的で素晴らしい

4. 今の教育の問題点は時勢の変化に対応していないこと

  1. 羽生がAIと闘うと勝率1%

  2. ケンブリッジ飛鳥は新幹線よりも遅い

  3. 人類という縛りでの競争は残る

  4. すぐ未来に自動運転が普及する

  5. 翻訳の発達で言語の壁もなくなる

  6. 子供はゲーム、ネットの世界に詳しい

    1. Minecraft

    2. YouTube

5. この科学技術の変化の中で公教育が貢献しているもの

  1. 学びには2種類ある「積み上げ」と「好奇心」

  2. 小中学校は積み上げでの基礎作り

  3. 子供は現代の状況を知っているので物足りない

6. 教育の外側にある好奇心

  1. 茂木は小学生時に学校の勉強とは別に、蝶の研究をしていた

  2. 学校の勉強もする

  3. 学校の勉強では好奇心は満たされない

  4. 小学校高学年でブルーバックスを読み相対論などを知る

  5. ブラックホールの話

  6. ブラックホールは理科の教科書に入っていない

  7. 現代ではプログラミングは重要だが教科書にない

  8. ゲームを禁じるのは簡単

  9. 子供はゲームがどうやって動いているのか興味を持つ

7. トライリンガル教育

  1. プログラミング、日本語、英語を教える必要性

  2. ネットに英語でのプログラミング教育、情報資源はある

8. 講演場所では高校進学が重要

  1. 東大時代に講演場所出身の同級生がいた

    1. 彼は優秀だった

  2. 指導要領以外のものに時間を費やしても受験の弊害にならない

    1. 幅広い教養が専門性の土台となる

    2. 進学校ほど学校で教育をしない

      1. 灘

      2. 京都の堀川高校で探求科を実施すると京大合格者が増えた

        1. 探求科では指導要領以外の課題で論文を書く

    3. 大学進学率を上げようとして詰め込み教育をした中高一貫高は失敗した

  3. バランスは重要

    1. 堀江は高校2年の段階で学年で下から2番目

      1. 一年で東大現役合格

      2. 高校2年まではプログラミングをやっていた

  4. 大自然が身近にある、これは好奇心の対象になる

9. 子供とボーカロイド

  1. 生身の人間よりも初音ミクの歌が好き

  2. 子供は大人が期待する答えを知っているから本音を言わない

    1. 好きな本は? 夏目漱石

  3. 色んなゲームのノベライズを読んでいる

  4. 子供は大人以上にAIや技術について知っている

    1. 受け手ではなくて作り手になれることを教える

  5. 指導要領教育だけでは知性の発達には足りない

  6. これは高校受験と並列可能

10. 科学で業績を残せる人材の育成

  1. 個性を大切にする

    1. ピア・プレッシャーで変人が潰れる

      1. 茂木は小学校時に女子からキモオタ扱いされた

      2. スポーツ万能、ジャニーズ系が人気

      3. サッカー好きな子供は多いから目立たない

      4. イカが好きな子供がいたらイカ野郎と呼ばれる

      5. 教師が「オタクは重要」と言うことが重要

    2. オタクはコミュニケーション能力が低い

      1. 東大はオタク密度が高い

      2. オタクは小学校時代から周りとは違った生き方をしている

  2. 優秀な人間をまとめる人材

    1. 科学オタクは少数

    2. プログラミングは優秀な奴がやるのがベスト

    3. 子供は世界を知らず不安だから均一化を求める

    4. それらをまとめる人間が必要

  3. 批判的思考を育む

    1. 批判的思考は科学的思考

    2. 疑似科学への批判的思考

      1. 血液型性格診断

      2. 星座占い

      3. ラッキーカラー

    3. 疑似科学性を教室内で証明する

      1. 血液型性格診断

        1. 生徒同士で互いの性格から血液型を類推させる

        2. 統計的に分析する

        3. 更に細かい条件付けを考えさせる

          1. 事前に相手の血液型を知っている場合は除く

          2. 血液型性格診断が事実であると教え込まれた子供バイアスを考慮する

        4. このレベルをきっちりやると大学の卒論になる

    4. 再度批判的思考の重要性

      1. 米大統領トランプが特定国からの入国を禁止

        1. 指定された7カ国からは過去40年間テロリストは出ていない

        2. テロリストが出ていても経済上のつながりが強い国は指定されない(サウジアラビアなど

11. 科学とは

  1. 興味を追求する中で思い込みに気づく

  2. 反証可能性とは

    1. 仮設に対する反証の余地があることが科学の条件

    2. ラッキカラーの反証可能性

      1. クラスをいくつかのグループに分けて、それぞれに違う色をラッキーカラーとして与える

      2. それぞれのグループのラッキー度を調べて比べる

      3. 方法論の自覚

  3. 茂木のダイエット

    1. ランニングダイエットで痩せるにはどれだけ走る必要があるか

      1. 忙しいので走る時間を最小限にして効果を出したい

      2. 3kmでは痩せない

      3. 10kmだと痩せる

    2. 色々なダイエット方がある

      1. それを鵜呑みにするのは科学的態度ではない

    3. 生き抜く能力とは

      1. 試行錯誤を知っていること

        1. 茂木の弟子である植田拓巳の話

          1. 東京芸術大学に4浪した

            1. 4浪までは芸大の入試で自分の絵を見せようとした

            2. 5回目の入試では予備校の教えに従ってマニュアル通りに絵を書いた

            3. やり方を変えることは重要

    4. 会場に人生がうまくいっているか問う

      1. 仮設を立てて検証する態度は人生を改善することにも役立つ

        1. ツイッターで人生相談を受ける

          1. 女性が恋人ができないと相談してきた

            2. その人は受付の仕事をしている

            3. 何人の異性と出会うか尋ねた

            4. 4人と答えた

            5. サンプル4では何も分からない

            6. 科学者であればサンプル数を増やすことを考える

            7. 母集団のクラスも分析する

              1.合コンに来る人間の属性、偏り

              2. だめんず・うぉ~か~と自称してる人は分析が足りない

        2. 茂木の大学時代

          1. 物理学科卒業後に法学部に入る

          2. 院では脳科学を学ぶ

          3. 予想していた道ではなかった

        3. 日本人とアメリカ人の個性

          1. 日本人は個性がないという言説がある

          2. アメリカ人と日本人の個性を科学的に比較する方法

            1. 食べているもの

        4. 女は地図に弱い

          1. 教室での実験を勧める

        5. 茂木は教科外で検証精神を身につけた

12. 人工知能とは

  1. 人と人工知能の違い

    1. 人工知能はトイレ、食事の必要がない

    2. 人工知能はひとつのことをずっとやっていられる

    3. 人工知能は何十万のお手本を学習し続ける

  2. 子供も良いお手本を共有したらよい

    1. 茂木は成績がよかった

    2. 周りが勉強法を尋ねに来た

  3. 教科学習

    1. 教科学習にはお手本がない

    2. 試行錯誤をする

    3. できないと思っていることを子供にやらせる

      1. 無茶振りする

        1. 英語のスピーチ

        2. 人工知能は人間の脳のパクリ

          1. 人はやるべきことをやっていない

          2. 中学生に高校の入試問題をやらせる

13. 勉強法について

  1. 茂木は子供の頃から事前に時間を決めて勉強していた

    1. タイムプレッシャー

    2. 時間を決めることで解けない問題を永遠にやる必要がない

  2. 子供は褒めると伸びる

    1. 結果を出した瞬間に褒める

  3. オープンプロセスな学習

    1. 教師が期待する答えではなくて、共に考える

    2. 茂木とアゲハの話

      1. アゲハの幼虫を捕まえた、翌日消えていた、見ると5mほどの所で蛹になっていた

      2. 蛹になる時に幼虫は移動するケースがある

      3. 茂木はアゲハを虫箱の中でしか飼育したことがなかったので知らなかった

      4. 幼虫は体液を出しながら移動して蛹になることがある

      5. その理由は誰も知らない

      6. 教師が答えを事前に知っている、のは必須ではない

      7. 探求するヒントやプロセスを示すことはできる

14. 会場からの質問

  Q1 : 茂木の話を聞かずに顔や身振りを観察していた。あまりこちらを見ていなかったが、何を基準に向く方向を決めているのか。

    A1 : 自分の個性は落ち着きのなさ。多動症。基準はない。自身の個性に気づくのは難しいから指摘し合うのはいい。

  Q2 : アメリカの教育制度の特徴とは。

    A2 : アメリカの大学は日本でいうところのAO。だから初等教育段階から尖った才能に向かえる。日本型教育の良さは最低限のクオリティを担保している点。TEDに14歳で膵臓がんの発見法を見つけたアメリカの少年が出た。日本ではああいったタイプは出づらい。茂木がもしハーバードを受けていたら蝶について2時間語れた。東大はそうではない。

  Q3 : 人工知能が発達する時代での人間の価値とは。

    A3 : 人工知能が活躍できるのはビッグデータがある領域。人間がお膳立てしていない領域では人工知能はまだ活躍できない。教育においても未踏領域を勧めることが重要。

  Q4 : 娘が集めた石を図書室に展示している。これを使って更に子供のために使えるか。石を割る、というアイディアはあるが学校から反対されるだろう。

    A4 : 内部構造のようなミクロな方向と並列して地質学的な考察を加えるなどのマクロな方向の情報を加える。石を使ったアートもある。

  Q5 : 子供にプログラミング教育をしたい。どの年齢からはじめるのがよいか。

    A5 : 小学校前から機会を与える。与えて興味を持った段階がベストな時期。家庭によってはパソコンがないので、それを学校が補うことが大切。

関東へ旅に出ようと思ったけど結局家に居た話

2日ぶりに外に出た。薬を処方してもらって、銀行で家賃を振り込む。

昨日は心地よい天気だったけど、今日の都内は風が湿っていて気持ちが悪い。

散歩から図書館に入る。空いているスペースを探して、対談音源をまとめてタイピングする作業を続ける。必要なポイントを拾ってまとめるコツは分かってきたように思う。割りと全力でキーボードを叩いていたから、周りはうるせええと思っていたかもな。すまんって。

今日はコンピュータについて何も学んでない。ただ音を文章として編纂していただけ。今ある音源をまとめておえてしまいたい衝動もあるけど、時間を使い分けて学習もする。

明日は9時に家を出て、図書館に篭もるとするか。

 

クラピカのように生きよう

 

  1. 一日のはじめに計画を立てる(to-do listとおおまかな時間
  2. ひとつに取り組んだら、途中で別のことをしない
  3. 動画を開きながらやらない
  4. 同じ動画を二度観ない(時間の無駄
  5. 得た情報はまとめる(10年後に振り返ってもわかるくらい詳細かつ完結に
  6. 常にどの作業にどれくらい時間をかけているのかを意識する
  7. 優秀な奴は五万といる

特に同じ動画を二度観ない、は重要な項目だ。

自分は同じ対談、鼎談動画を何度も繰り返し観てしまう癖がある。一度目は新鮮で得るものもあるんだけど、二週目からは予め変わっている盛り上がりポイントへと向かう流れを消化するためだけに惰性で観ている。時間の浪費でしかない。

今日、散歩をしている時にも無意識にタブレットで完全に内容を覚えている対談音源を聞いていた。自分でショックだった。何も流れていないと寂しいし、音楽を聞いてもなにも感じなくなってしまったせいで、こうなってしまうみたいだ。対談を聞いても得ることはないので、常に何か考えることを持っておいて、歩きながら考えるとかの方が生産的だろう。あと好きな対談の要点を文章としてまとめてしまうか。まとめる練習になるから良いかもしれない。

Windows10にDabianとかUbuntuをインストールしようとしたけど、ただ時間を浪費した週末

金曜の夜にルームメイトがLinuxなしでプログラミングやるとかありえないとまた言い始めたので、仕方なくLinuxをインストールすることに決める。それで、酒を飲みながら作業を始めたのはいいものの、何度トライしてもインストールできない模様。BIOSがどうこうとかUEFIがなんとかとか言ってるだけで何も進まねえ。結局諦めて、よく分からん音楽を聞きながら夜を過ごす。

土曜は土曜で、一人でインストールに挑戦してみるも何も進展のないまま11時間を経過する。酒を飲みながらだから頭も朦朧としていて何をやっていたのかよく覚えていない。あとはゲームやったりで勉強は全くしていない。

今日はせめて勉強はしないとだな。